ヒアロディープパッチの副作用は危ない?全成分一覧を細かく解説

ヒアロディープパッチの副作用の危険性・安全性が気になる方へ、配合されている全成分から成分を細かく紹介していきます。

結論はヒアロディープパッチには副作用の危険性はありません。

しかし、肌に合わない方も稀にいらっしゃるので、合わない成分やアレルギー反応が出やすい方は事前にこちらの記事をご覧ください。

ヒアロディープパッチの副作用は大丈夫?

チクチクするとかあったけど大丈夫なの?

肌がチクチクするのは大丈夫?

ヒアロディープパッチを貼るときにチクチク感じますが、これは美容成分が細かいハリになって肌に刺さって浸透しているためです。

だいたい15分で針の部分が体温で溶け、チクチク感が収まるので、心配はいりません。

アレルギーの人は医者に相談

ヒアロディープパッチは第三者機関によるパッチテストに認定されているので、副作用の危険性は低いといえます。

しかし、成分によってはアレルギー反応を起こす心配がある方は事前に医師に相談してから使いましょう。

ヒアロディープパッチの全成分一覧から成分を解説

ヒアロディープパッチに配合されている全成分はこちらになります。

ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、グリセリン、アデノシン、ユビキノン、パルミチン酸レチノール、コーン油、マンニトール、トコフェロール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フェノキシエタノール、水添レシチン、コレステロール、キサンタンガム、ココイルサルコシンNa、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

それぞれの成分を全て紹介します。

ヒアルロン酸Na

水分の多いヒアルロン酸で、プルプルしたクッションとして機能。

肌がプリプリする弾力にはか欠かせない。

加水分解コラーゲン

皮膚の保湿や柔軟性を与える成分。

プラセンタエキス

肌の環境を整え、キメと水分を与えて、明るい肌に導く成分。

グリセリン

保湿成分として利用される。

アデノシン

血行促進効果のある成分として注目されている。

ユビキノン

医薬品成分で保湿効果がある。

パルミチン酸レチノール

ターンオーバーを促進する成分で、シワへの効果が知られている。

コーン油

油が酸化しにくいベースとなるもの

マンニトール

マンナノキから抽出されるエキスで保湿効果がある。

トコフェロール

皮膚の肌荒れを和らげる角化防止効果をもつ。

ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1

肌の潤いと弾力に欠かせない美容成分の因子

フェノキシエタノール

エタノールと言われるが、アルコールフリーに該当する成分なのでアレルギーの人でも適用できる成分。

防腐効果水添レシチン

美容効果を促進する成分

コレステロール

肌のバリア機能と保湿効果をもたらす。

キサンタンガム

微生物から生成される増粘多糖類で増粘させるためのもの。

ココイルサルコシンNa

洗浄を効果持つ成分。

ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

肌へ潤い・ハリと弾力を与える美容成分の因子。

まとめ

ヒアロディープパッチには副作用に繋がるような成分は含まれていませんが、過去に化粧品でアレルギー反応が出た方は念のために医師に相談してから試すようにしてください。

今なら全額返金保証もあるので気軽に試していただけます。

別の記事ではヒアロディープパッチの効果について解説していますのでそちらもご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました